朝、出勤時に、何気なく滝の川を見ると、4~50センチほどの魚が2匹泳いでいた。

 潮の満ち引きで水面が50センチほども上下する川だから、これまで見た魚と言えば、ボラしかいなかったのだが・・・ 

 この2匹、どう見ても、

 鯉!

 なのである。特に、そのうちの1匹は、オレンジ色の、いわゆる錦鯉であった。

 春になると、いろんな生物が顔を出すものだが、こんな小さな川に、亀やら鯉やらが顔を出すとは! まあ、いずれも土着の物ではなく、誰かが放したものであることは間違いないのだが、他にも何か出るのかなあ

 ちなみに、先日発見した亀は、今朝は、合計で5匹いることがわかった次第・・・
ボラ、コイ、セイゴ(もしくはフッコ)、カメにスズガモ、カモメ・・・
 と、いろんな生物を目撃した滝の川であるが、今度は、何と、エイ!

 河口付近でしたが、2匹の50センチくらいのエイが、ひらひらと泳いでいました。
 
 いや、ほんとに、いろいろと楽しませてくれます