最近はコロナの影響もあり、色々な行事ごとも少人数でというのがスタンダードになってきている今年。
丁度今年、祖父の7回忌の法要でした。

本来は親族一同を呼んで、少し大々的にやるのですが、今回は本当に近親者のみという形を取らせていただきました。
まぁ、卒塔婆代だけでも払わせてくれっていう親族の方がいらっしゃったので、そちらの対応は父親がやっていましたが。

アタシは一応、同居ではありましたが、直属の跡取りではないという事で除外。
正規の跡取りである兄が、孫一同を代表していく形になりました。

まぁ、その辺りは叔父さんの配慮もあったのだろうとは思いますがね。
そんな感じで金の買取、直接的参加はしませんでしたが、本来法要の後に会食を行うところを、コロナ対策という事で全員にお弁当を配るという形にしたため、そのお弁当の準備をするのが今回のアタシの役目となりました。