印刷については、セピア色の写真を印刷して比較。

モノクロ専用用紙の月光ブルーラベルは、カラーにも
使えますが、その発色は、ほぼ微粒面光沢ラスターと同じ。
ブルーラベルの方が僅かに赤みが強く出る気がします。
紙厚の分、ブルーラベルの方が使いやすい印象です。

Canonプラチナグレードは流石に万能で、透明感がある立体的な描写。

今回、初使用のハーネミューレ、トーション。
大きなテクスチャが特徴。和紙に近い雰囲気です。
コントラストは弱く、黒の締まりも淡く、和紙に近いです。
使いどころが難しい用紙です。

PICTORICO、スムースフォトペーパーも今回初使用。
マット紙に関わらず、推奨の印刷設定はプラチナグレード。
ちょっと濃い目の発色で、プラチナ会員もグレードよりも
強いコントラストの傾向みたいです。

用紙はしっとりとした雰囲気を重視し、月光ブルーラベルにしました。