前二作と、「スーサイド・スクワット」は見ていたが、まあどれもつまらないってほどではないにしても、手放しで「面白いよ!」って言える映画でもないかなあ、って感じだった。そんな中、「ワンダーウーマン」は面白かったので、他の面子も加わるし……と、軽く期待しつつ鑑賞。

うんうん。なかなか面白かった。
フラッシュとアクアマンのキャラに助けられてるところが大きいかな。
ワンダーウーマンとアクアマンの背景の関連もいいよね。
各ヒーローの掛け合いや、アクションも面白い。ただまあ、手放しで楽しめたのはスーパーマンが生き返るまでかなあ。
スーパーマンね、強すぎ。
「マン・オブ・スティール」のときに、「これはかなりドラゴンボールを意識してないかなあ」と感じてしまったのを思い出したんだけど、別の意味でもますますドラゴンボール。
はいはい、サイヤ人には最終的に誰も勝てやしないんだよね――な、あの雰囲気。
例えば、地球の「神」の一人であるワンダーウーマンでさえ、スーパーマンにはとても太刀打ちできない辺りが、とってもドラゴンボール的だと思ったね。つまり、ピッコロは悟空には勝てないあの感じっていうか……。フラッシュの動きを目で追っていくあのシーンは、悟空と言うよりスタープラチナだったが。
チームのみんながピンチに陥ったところで、後から登場――も、完全に悟空だよね。